最近、若い方の間で再びクラミジアの感染が広がってきています。
コンドームで予防できるものの、避妊ピルの普及やクラミジアへの危機意識の低下により、コンドームなしのセックスをする若者が増えているのが原因の一つです。
また、初期症状が軽く気づきにくいということもあり、感染者が増加しています。
クラミジアの主な症状は、男性と女性では違ってきます。
比較的症状が軽いとされる男性では、尿道付近のかゆみや排尿時の軽い痛みから始まり、尿道から膿が出たり、排尿や勃起時の激しい痛みなどの症状が現れます。
放置すれば、前立腺炎や血精液症、副睾丸炎などに発展していく場合もあるのです。


 
一方、女性は自覚症状がほとんど現れないとされ、8割程度の女性の感染者に自覚がないと言われています。
初期症状は、尿道の軽い炎症と痛み、おりものの量が増える、性交時の痛みなどがあり、気付かないまま放置して感染を広めてしまったり、不妊や流産の原因になったりしているのです。
クラミジアは、初期段階ならクラビット500mgを1日1回食後に服用することで、2週間ほどで治療できます。
最近ではクラビット通販があるので、もしも感染してしまった場合は利用してみて下さい。
クラビット100mgは、耐性菌ができてしまうという事で販売が中止されていますから、そのような商品を扱っているクラビット通販には気をつけましょう。
信頼できるクラビット通販サイトを選べば、クラミジアも安全に治療する事ができます。